AGAとは

AGAは男性型脱毛症の意味であり、成人男性によく見られる髪が薄くなる状態です。
頭頂部の髪や顔の生え際の髪、あるいは双方から薄くなっていきます。
AGAの原因となるのは、遺伝はもちろん、男性ホルモンの影響があると考えられています。
抜け毛が進行し、薄毛が目立つ為、大きな気になる点となります。
このAGAは進行性であり、放置してしまうとどんどん髪の毛の量は少なくなっていきます。
さらに、髪の毛が薄くなっているのも実感し、髪の毛が気になるようになります。
進行パターンも様々で、頭頂部、額の生え際、前頭部など、どこからくるものかは人それぞれ異なります。
脱毛部にはDHTが高濃度に見られ、ヘアサイクルの成長期を短くする原因物質となっています。

健康な毛質は、太くてコシのある毛で硬毛であるのが特徴です。
一方、薄毛が進行し、毛包のミニチュア化をしてしまうと、細くて短い毛になり、軟毛となってしまいます。
AGAの特徴としては、抜け毛と薄毛がゆっくりと進行していき、様々なパターンで目立つようになります。
毛包が十分に成長しない為、髪の毛が太く育たずに抜けます。
どんどんコンプレックスとなっていく為、何とかしたいと思う方も少なくないでしょう。

AGAでは薄毛になってもうぶ毛は残っているものです。
毛包が存在しているのなら、髪の毛は太く長く育つ可能性は残っているのが事実です。
このサイトでは、AGAでお悩みの方がどういったことをすれば良いのかを説明しています。
是非役立ててください。